毛穴の角質を綿棒で取る方法

【簡単!】毛穴の角質を綿棒で取る方法のコツと注意点!

 

 

角質を綿棒で取る方法に興味がある方も多いかと思います。

 

使うのは綿棒とオイルだけ。

 

手軽に揃うアイテムなのですぐにも試せそうです。

 

まずは詳しい方法と注意点をご紹介します。

 

 

 

洗顔して保湿した後に、オイルを沁み込ませた綿棒で毛穴の角質が気になる部分を優しくマッサージします。

 

すると角質がオイルに反応して除去しやすくなるのです。

 

 

綿棒の横で撫でるようにマッサージしたりコロコロ転がすようにすると良いでしょう。

 

頑固な角栓であればオイルを沁み込ませた綿棒2本で挟み込むようにします。

 

決して力を入れすぎず、あくまでも優しくマッサージしてください。

 

 

 

オイルの選び方も重要です。

 

皮脂のバランスに近いオイルが効果的で、オリーブオイルや椿油、米ヌカ油などが適しているでしょう。

 

不純物の入っていない質の良いオイルを選びたいものです。

 

 

マッサージ前にタオルやスチーマーで毛穴を開いてから行うと、より一層の効果が期待できるでしょう。

 

 

 

マッサージ後のケアも大事です。

 

洗顔でオイルをしっかり落としてから、冷水や収れん化粧水などで毛穴を引き締めます。

 

そして充分な保湿をしましょう。

 

 

 

角質とは角化組織ともいわれ、そもそもは硬くなった古いタンパク質です。

 

肌細胞は肌表面に達するとアカなどと一緒に剥がれ落ちるターンオーバーを繰り返しています。

 

これが何らかの原因で剥がれ落ちずにとどまってしまい、蓄積し硬くなってしまうのが角質です。

 

 

急に角質を除去しようとするとターンオーバーに乱れが生じ、かえって症状を悪化させる場合があります。

 

角質ケアを行うのであれば頻度に注意が必要で、やりすぎは禁物です。

 

 

 

個人差はありますが、綿棒とオイルを使って手軽に毛穴の角質を取る事が出来ます。

 

ただし角質を取った後のお肌のケアは非常に大切です。

 

しっかりと洗顔してオイルを洗い流し十分に保湿することをお勧めします。

 

面白いように取れるからといってやりすぎると肌のターンオーバーを乱し、余計に角質が出来てしまう可能性があるので注意しましょう。

 

 

潤い成分セラミドをつくりだす

ライスパワーNO.11」配合!

水分保持能を改善する唯一の成分です!

 

毛穴トラブルの無い「自らうるおう肌」に!

↓↓興味がある方はこちら↓↓