肌が乾燥しているときのサインとおすすめの保湿成分とは?

肌が乾燥しているときのサインとにおすすめの保湿成分とは?

 

 

あなたが肌の潤いが不足しているな、と気がつく時ってどんな時でしょうか?

 

お肌がカサカサと乾燥して白く粉を吹いてしまった時や小じわやたるみが気になった時ではないでしょうか。

 

 

でも、実は毛穴が大きく開いて黒ずんでしまっている時やくすみや薄いシミもお肌が「潤い不足」のサインを出している時なのです。

 

 

肌の潤いが不足している「乾燥肌」の状態は あらゆる肌トラブルを引き起こすと考えられています。

 

先程も書いたようなカサカサ肌からくる化粧のノリの悪さや持ちの悪さ、小じわやたるみ、しみやくすみもそうですが、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビや脂性肌、敏感肌やアトピーなども乾燥肌が原因になっているんですよ。

 

 

肌というものは水分をしっかりと溜めていて、それが急な温度変化や紫外線・活性酵素・細菌などが肌の内部を攻撃してこないように守ってくれているのです。

 

そして古くなった角質や老廃物を垢とともに剥がれ落ちやすくしてくれるのもお肌に含まれている水分です。

 

例えば、新聞紙を濡らしてから乾燥させてみると一枚一枚が剥がれにくくなりますよね。

 

でも、濡れている状態なら一枚ずつ剥がしやすいです。

 

 

お肌もこれと同じなんですよ。

 

 

肌にいつまでも残ってしまうニキビ跡やシミやくすみの原因となるシミの予備軍のメラニンなどがお肌にいつまでも残って消えないのは、お肌が乾燥している新聞紙の状態だから。

 

毛穴が大きいと感じてしまうのは乾燥して縮んでしまった皮膚が毛穴を引っ張るからなのです。

 

皮膚の細胞を一つ一つしっかり水分補給してあげてふっくらとさせれば毛穴を引っ張ることもなくなりますから小さく目立たなくなりますよ。

 

 

さらにハリやツヤも出てくるので、美肌つくりにはお肌の水分補給は欠かせません。

 

 

ただ、「じゃあ、肌に水分を与えてあげればいいのね!」とむやみに化粧水をたっぷりつけたりしてもお肌は吸収してくれません。

 

肌には異物を肌の中に浸透させないようにする仕組みがあるのです。

 

だからお肌が自分の仲間だと思って しっかりと肌の中に取り込んで、その水分をしっかりとキープしてくれる保湿成分で保水してあげることが大切なのです。

 

水分不足を改善するためには、保湿成分の名称や配合されている数、希少性などだけを重視せずに、肌のなかにしっかりと入り込み、保湿機能を果たしてくれるかどうかをチェックすることも大切です。

 

 

保湿成分は実は「浸透力」が一番大切なポイントなのですよ。

 

 

お肌が自分の仲間だと思う成分というのは、もともと肌の中に存在している保湿成分がおすすめです。

 

例えば、セラミドを生み出す成分「ライスパワーNO.11」」を含有している基礎化粧品などが良いでしょう。

 

 

セラミドをつくりだす成分

「ライスパワーNO.11」配合!

水分保持能を改善する唯一の成分です!

 

毛穴トラブルの無い「自らうるおう肌」に!

↓↓興味がある方はこちら↓↓