いくら保湿してもお肌が乾燥する人は注意!保湿ケアのポイント5つ

保湿してもお肌が乾燥する人は注意!保湿ケアのポイント5つ!

 

 

どんなに保湿しても肌の乾燥がひどくてなかなかしっとりした肌にならない・・・と悩んでいませんか?

 

実は、そんな悩みをお持ちの人に共通していることがあります。

 

 

それは「間違ったスキンケア」。

 

 

きちんとお手入れしているつもりなのに実は間違えているスキンケアによって乾燥を進行させている・・・なんて泣きそうになりますよね。

 

ここでは肌が本来持っている水分保持力をアップさせる保湿ケアを紹介していきますね。

 

うるおい美肌を手に入れましょう。

 

 

 

◆洗顔

 

美肌つくりは洗顔からはじまります。

 

 

乾燥肌の方で多いのが「洗いすぎ」。

 

 

たしかに汚れが残っていると肌トラブルの原因になりますからしっかりと落としたいところなのですが、それが肌に必要な皮脂まで落としてしまっている可能性があります。

 

皮脂はお肌を保護してくれたり潤いを与えてくれたりと大切な成分でもありますから、必要な分は残しておかなければなりません。

 

 

肌に負担をかけない優しい洗浄力の洗顔料を選びましょう。

 

そしてしっかりと泡立ててやさしく洗い、洗い残しのないようにしっかりとすすぎます。

 

すすぐ時にシャワーを使ってしまうと肌に負担をかけますのでぬるま湯でやさしく洗い流してください。

 

乾燥肌の方の場合は、朝は洗顔料を使わない水洗顔の方が良いですよ。

 

それからW洗顔が肌の乾燥を進行させていることもありますからオールインワンクレンジングや美容成分を含んだ洗顔料などもおすすめです。

 

 

 

◆保湿ケア

 

入浴後はお肌の保湿成分がどんどん流失している状態なので、できるだけ5分以内のケアを心がけましょう。

 

よく、乾燥肌には化粧水をたっぷりつけると良いと聞きますがこれは間違いです。

 

お肌が吸収できる水分量には限界がありますから一度にいっぱいつけても肌に入りきれずに表面に残ります。

 

 

その肌表面に残った水分が蒸発するときに一緒に肌の中の潤いまで連れて行ってしまうのでよけいに肌が乾燥してしまうのです。

 

 

ですから化粧水をつけるなら適量をハンドプレスでしっかりと浸透させましょう。

 

コットンを使ったり手でパンパンと叩くパッティングは肌への刺激になってしまうので 避けましょうね。

 

 

また、乾燥肌の方の場合は、化粧水ケアが必要ない場合もあります。
必ずしも化粧水でケアする必要はないのですよ。

 

むしろ角質層をふやかしてしまって肌を弱くしてしまうので乾燥肌が治るまでは美容液やクリームだけのケアの方が効果的なことがあります。

 

 

 

◆紫外線対策

 

紫外線はお肌の乾燥も招きます。

 

春や夏の紫外線の強い時期だけでなく、秋や冬も紫外線は降り注いでいますから一年を通して紫外線対策をしましょう。

 

PA+++やPA++++を選ぶのがポイントです。

 

 

 

◆規則正しい食生活

 

1日3回、しっかりと規則正しい食生活をしましょう。

 

ビタミンやミネラル、蛋白質などの栄養バランスのとれた食事を心がけて体の内側からもきれいにしましょう。

 

 

 

◆睡眠時間

 

22時〜2時の間の睡眠はお肌に大きく影響を与える成長ホルモン(若返りホルモン)や女性ホルモンが分泌されますのでできるだけ早めに就寝するようにしましょう。

 

 

 

セラミドをつくりだす成分

「ライスパワーNO.11」配合!

水分保持能を改善する唯一の成分です!

 

毛穴トラブルの無い「自らうるおう肌」に!

↓↓興味がある方はこちら↓↓